先取りしよう、これからのアート!

日常生活を拠点とするアートの発見や展覧会情報、ビルドとアーティスト仲間とのブログ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
HOT NEWS

[BIRDO FLUGAS]




CHECK BIRDO ON
レッスンビルド
水曜日 19:00-20:30(90分)
ウォークイン制1500 円/回
回数券 4000円(4枚綴り/有効期限1年間)
※要予約 080-3198-4818
/ info@birdoflugas.com
ヨガマットレンタル 100円
インストラクター 大友真妃 RYT200
参加人数が2名以下の場合は実施しませんので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
土曜日 12:30-13:30
※都合により時間変更する場合があります
インストラクター 手塚孝・温子氏
受講無料 ※要予約 080-3198-4818
/ info@birdoflugas.com
LINKS
SEARCH
3/2 芸術銀河2013「みやぎぶんか3ねんめ会議」



東日本大震災からの復興に向けて県内で文化の新しい動きを作る活動をされている方々とその問題を共有し、ともに考える円卓会議『芸術銀河2013「みやぎぶんか3ねんめ会議」』が開催されます。

3.11から季節が三度巡りました。地形を変えた海沿いのあちこちで、それに連なる灯の消えた街並みのそこここで、一つ一つ、一歩一歩、明日へ向けた営みが立ち上がり、人とモノとコトが集まり、繋がり、支えあい、さまざまな思いを込めた動きが積み重ねられてきました。3.11で何が変わり、何が変わらなかったのか。何を残し、何をつくるのか。この集いは、視点も立場もベクトルも違いながらも、地域の最前線で文化の新しい動きをつくる方々の声に耳を傾け、その問いを共有し、共に考える円卓会議です。すべての人に開かれ、どなたでも参加できる場として開催します。

【開催日】2014年3月2日(日)
     13:00-17:00 (開場12:30)
【会 場】仙台市宮城野区文化センター
     入場無料 ※事前のお申し込みが必要です。
     定員 120名(先着順)


▶芸術銀河2013 みやぎぶんか3ねんめ会議
▶チラシ(PDFデータ)

【お問い合わせ先】
 ARCT(アルクト)
 Mail info@arct.jp
 TEL 080-1667-3105(10:00〜19:00)
 FAX 022-774-1605
| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
3/15 あざみ野カレッジ「震災とアート活動」@あざみ野ギャラリー
東日本大震災から3年。あざみ野カレッジにて、震災後〜現在のアート活動についてお話させて頂きます。



【開講日】2014年 3月15日(土)14:00〜16:00
【講師】高田彩(ビルド・フルーガス代表)、鉾井喬(アーティスト)
【会場】横浜市民ギャラリーあざみ野 3階アトリエ
【対象・定員】高校生以上/40名(応募多数の場合抽選)
【参加費】無料

※学生登録を希望する場合は手数料500円が必要。

【応募締切】2014年3月1日(土)必着



| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
3/8〜3/11<3.11ひらま写真館イベント 平間至 写真展>
【3.11ひらま写真館イベント 平間至 写真展「光景」】


3月8日から11日まで、ひらま写真館にて平間至さんの写真展「光景」を開催しております。
また、11日には、夕方18:30よりPOWER OF LIFEをエスプ塩竈にて開催しますので、合わせてご来場いただけますと幸いです。


日時:2014年3月8日(土)〜11日(火)
   11:00〜18:00

会場:ひらま写真館 塩竈市尾島町18-14 
   仙石線本塩釜駅より徒歩5分
   TEL . 080-4005-8587 (フォトストライク)

入場無料

主催:塩竈フォトフェスティバル



-----------------------------------------------
震災の起きた翌年の3月11日からひらま写真館の中で
「写真と人間」をテーマにトークを重ねてきましたが
今年は写真の展示を行うことにしました。

写真館での展示は、今まで何度も考えました。
しかし創業した平間甲子、二代目新の思い、そして無数の堆積した写真のことを考えると
自分の写真がのみ込まれそうで、実現には至りませんでした。

震災から3年経た今、鎮魂の意味を込め展示をします。

ひらま写真館という特別な場をもって写真は何を語るのだろう?
皆さんと一緒に耳を傾けてみたいと思います。



平間至

-----------------------------------------------

| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
バリ舞踊@イボイシ



本日のお茶飲み会@イボイシ仮設集会所にはバリ舞踊家のお客様がいらっしゃいました。
今回で二回目の訪問でしたが今日は善の仮面を被っての踊りでした。
呼吸を表す指の動きに魅了されます。


そう言えば、別件で閲覧した島の記録動画の中に、寒風沢島・塩釜市立浦戸第一小学校を舞台に開催された「浦戸・国際自遊学校(1992年9月)」の映像がありました。バリ島「ダガス・グタン・ジャティ歌舞団」が島民のみなさんと文化交流をするというもの。
廃校となった浦戸第一小学校の様子、賑わう寒風沢島の姿が印象的でした。

神聖な舞踊を観ながら、その光景を重ね合わせていました。
きっと、島から移り住んだ住民のみなさんも、
記憶のどこかで親しみを感じていたのではないかなぁ。


寒風沢島で踊ってくれたダガス・グタン・ジャティ歌舞団の少年は、
いま、何歳で、なにをしているのかな。
| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
伊保石&今宮町仮設クリスマス会
| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
孟宗竹キャンドルプロジェクト @鹽竈神社「しおがまさま神々の月灯り」

仕事に一心に没頭する時間は、楽しみと癒しの時間となります。昨年の仙台七夕に鹿児島県姶良市より提供され譲り受けた「日本一孟宗竹」で塩釜伊保石仮設住宅イボイシステーションの住民の皆さんとキャンドルスタンドを制作しました。多くの人々の祈りが込められた竹に、思いを込めて新たな役割を与え、神の社に灯りを灯すー。
この課程に関わった全ての人々と、来場者の心をつなぎ、想いが広がることを願いながら、鹽竈神社を舞台に開催された「しおがまさま神々の月灯り」にて孟宗竹キャンドルを展示させて頂きました。

続きを読む >>
| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
孟宗竹キャンドルスタンドづくり@イボイシステーション


昨年の仙台七夕で飾られた孟宗竹を復興へ役立てられたらと譲り受けた孟宗竹で、塩竈伊保石仮設住宅の皆さんと一緒に「しおがまさま神々の月灯り」へ飾るキャンドルスタンドを制作しました。

ものづくりの楽しみはもちろんのこと、市内で開催されるイベントに住民の皆さんと参加する意味合いを込め、手先が不自由な住民の皆さんでも簡単に制作できるコラージュ方式で、キャンドルの光が灯る部分を装飾。丸と三角をベースに存在感のあるキャンドルスタンドを完成させました。
コラージュ部分をあえて取り外し可能にすることで、展示後、お花を生けたり、キャンドル立てに使用したり、各自自由に活用できるようにしています。

今回9月28-29日に鹽竈神社で開催される「しおがまさま神々の月灯り」にてキャンドルスタンドは展示予定です。
| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
TBC「絆みやぎ」イボイシステーション取材



東北放送「絆みやぎ」のキャラバンカーが塩竈伊保石仮設住宅イボイシステーションへ登場!集会所では、えぜるプロジェクトのお声がけによりお茶飲み会メンバーが集合し、「みなと、みなと」を合唱しました♪
久しぶりのテレビ取材(しかも生放送!)ということで皆さん緊張されておられましたが、「内海さん、インタビューがんばったね〜」「上手く歌えたかしら〜」など、皆で短い生放送出演(?)を楽しませて頂きました♪

| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
「みなと、みなと」合唱 & 書道家浜田堂光さんより書の贈呈


中島くん、首藤くん、そして音響の處さんと一緒に、「みなと、みなと」を合唱する目的でイボイシステーションを再訪問。ボランティアグループ「えぜるプロジェクト」の皆さんが、集会所で住民のみなさんと集う際、「みなと、みなと」を歌ってくださっていたため、以前より更に住民の皆さんの歌声がパワーアップしていたのが嬉しいサプライズでした!
中島くん、首藤くんは、2月以降も何度も伊保石を訪れているため、そしてお二人の愛嬌ジョークたっぷりトークが住民の皆さんとの仲を近くし、今回も彼らの再訪を皆さんはとても喜んでくださいました。
「通常よりも、多くのみなさんが集まったよ」と、えぜるの山田さんも驚かれていました。
そして、また感動的なことに塩釜市在住の書道家で日本詩文書作家協会理事、毎日書道展審査会員の浜田堂光さんが、「みなと、みなと」の歌詞を抜粋し、書にかいてくださり、その贈呈式が行われました。「みなと、みなと」が、このような形で、イボイシステーションのみなさんの想いを遠くに発信してくれたことを嬉しく感じております。歌という媒体は、今後も世代、時代をこえて、震災のこと、塩竈で被災したみなさんの心情をのこし、共有し、伝えてゆくことを目的としているので、今後も「みなと、みなと」に期待したいと思います。
| blogbirdo | riseup birdo | comments(0) | trackbacks(0) |
塩竈市寒風沢島と民宿外川屋さん
| blogbirdo | riseup birdo | comments(1) | trackbacks(0) |
<new | top | old>