先取りしよう、これからのアート!

日常生活を拠点とするアートの発見や展覧会情報、ビルドとアーティスト仲間とのブログ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
HOT NEWS

[BIRDO FLUGAS]




CHECK BIRDO ON
レッスンビルド
水曜日 19:00-20:30(90分)
ウォークイン制1500 円/回
回数券 4000円(4枚綴り/有効期限1年間)
※要予約 080-3198-4818
/ info@birdoflugas.com
ヨガマットレンタル 100円
インストラクター 大友真妃 RYT200
参加人数が2名以下の場合は実施しませんので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
土曜日 12:30-13:30
※都合により時間変更する場合があります
インストラクター 手塚孝・温子氏
受講無料 ※要予約 080-3198-4818
/ info@birdoflugas.com
LINKS
SEARCH
<< 8/29(木)19:00- 塩釜・浦戸諸島の湾を通じてみる、<海からみた日本列島> | main | 塩竈フォトフェスティバル2013 倉谷卓展「カーテンを開けて」@ビルドスペース >>
そらあみ -浦戸諸島- (桂島 9/1-9/8)(朴島 9/10-9/15)


京都舞鶴からやってきた種の形をした自走船「TANeFUNe」をきっかけに、塩竈・浦戸諸島では、土地の記憶や人びとの想いを乗せて走るタネフネに、塩竈・浦戸諸島の記憶を詰め込もうと、6月から対話や勉強会を通して交流を図ってきました。

日本海を航海した際、TANeFUNeの船長としても活躍したアーティスト五十嵐靖晃さんも塩竈・浦戸諸島入りし、8月上旬から、染色した漁網を、その土地の人びとと編み込み、空に掲げる「そらあみ」を2週間かけて行いました。



網を編むという古来から水辺で営まれてきた行為を通じて、参加者は、水辺で生きる人びとの営みや土地との繋がりを感じながら、思い思いに「そらあみ」を編んでいました。

完成した浦戸諸島をモチーフとしたカラフルな漁網は、桂島や朴島に展示し、日常に一時的に「そらあみ」を掲げることで、普段見慣れた風景を見つめるきっかけをつくっています。島民の皆さんにはもちろん、ぜひとも本土にお住まいの方、浦戸諸島に初めて訪れる方にも、「そらあみ」越しの風景をご覧いただけますと幸です。

「そらあみ -浦戸諸島-」
展示期間
2013年9月1日(日)〜8日(日)桂島・休憩所前
2013年9月10日(火)〜15日(日)朴島・船着き場付近

塩竈市営汽船からもご覧頂くことができます*
ぜひ浦戸諸島へ 足をお運びください*





※本事業はArt Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)です。
| blogbirdo | イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.birdoflugas.com/trackback/1096061